過呼吸「若者に増加」2005年11月12日 22:50

  「AERA」に「「過呼吸」の先にある危機」という記事がある。(週刊誌「AERA」05年11月14日、朝日新聞社)

 最近、若者に「過呼吸(過喚起症候群)」がふえているという。人気アイドルの堂本剛さんも、その経験者だという。呼吸が極端の早くなり、酸素のとりすぎになる。手足のしびれ、失神を起こすこともある。対症的な処理は、紙袋に自分の息をはきだし、それを吸うとおさまってくる。
 ただし、軽くみてはいけない。過呼吸を起こす人は、ストレスへの脆弱性があるので、パニック障害に発展する場合がある。パニック障害が治りにくく、うつ病を併発することも多い。過呼吸の段階で、ストレスの原因を探り、ストレス対処法を身につけたほうがいい。
 パニック障害も、薬物療法で治らない人が多いのですから、不登校やニートになった方にも、これによる場合があります。パニック障害は、一般の認知療法や、私どもの自己洞察瞑想法を中心とする認知行動療法で、治る人がおられます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://jitouhoutou.asablo.jp/blog/2005/11/12/140025/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。